ある中高年ランナーの悪あが記

加齢に伴う衰えを感じつつ、それを受け入れたくない中高年ランナーの奮闘記

「秋田→東京走破」その4(3日目 矢吹町~新白河駅)

 今日は今回の二本松駅から新白河駅までの旅ランの最終日(11/14)の様子をお届けします。

 まずは行程の予定表です。

f:id:chuukounenrunner:20211116155909p:plain

 次にルート図です。

 

 この日(11/14)は最終日です。少し曇っていますが、雨にはならないでしょう。

 予定通り9:30にホテルを出て、昼食を摂る城山公園までの約15kmをノンストップで走ります。とは言っても、速度はキロ7分台の超スローペースです。荷物が重くてスピードが出せないのです。

 途中で曲がる場所を行き過ぎてしまい、少し遠回りしてしまいましたが、何とか予定の時刻にあまり遅れることなく城山公園に着きました。

f:id:chuukounenrunner:20211116161539j:plain

 城山公園は白河小峰城の城跡に整備された公園で、城は戊辰戦争で焼失して城跡には石垣が残るのみとなっていたのですが、1991年に本丸御三階櫓が復元されました。

 そして特筆すべきことは、各地で行われた天守閣の復元はみな鉄筋コンクリート造で外観だけを復元したものでしたが、この白河小峰城の三重櫓は木造で忠実に復元されたものであり、天守に相当する建物の木造復元では日本で最初のもののようです。

f:id:chuukounenrunner:20211116163947j:plain

f:id:chuukounenrunner:20211116164018j:plain

 城に入ってみます。入場は無料でした。木造で忠実に再現された城ですので、当然土足で入ることは出来ません。また、階段も昔のように急勾配で忠実に再現されているので上り下りに注意を要します。

f:id:chuukounenrunner:20211116164517j:plain

 城の一番上まで上っても、当然、展望デッキなどは無いのですが、狭間(さま)から外の様子が見えます。この位置からは二の丸が見えました。右の方には、このあと昼食を摂る予定の二の丸茶屋が見えます。

 

f:id:chuukounenrunner:20211116165512j:plain

 城の外の写真です。大分天気が良くなって来ました。

 

 二の丸茶屋で昼食を摂ってからは、癒の刻(※温泉)に向かいます。

 そして癒の刻で入浴と着替えを済ませてからは新白河駅まで、汗をかかないように出来るだけゆっくり走り、今回のランの終着点の新白河駅に着きました。

f:id:chuukounenrunner:20211116171333j:plain

 今回の旅ランは3日間とも天候に恵まれ、気温も暑からず寒からずで絶好のラン日和になりました。

 心配していた梨状筋症候群の悪化も無く、むしろ最終日にはあまり痛みを感じないくらいになりましたので、11/28に迫った富士山マラソンまでには何とか完治するのではないかと期待しています。