ある中高年ランナーの悪あが記

加齢に伴う衰えを感じつつ、それを受け入れたくない中高年ランナーの奮闘記

一つ森公園も雪解けが進んでいます

 例年になく雪解けが遅かった秋田市ですが、ようやく道路はほとんど雪が消えました。

 そして、私のメインの練習場所である一つ森公園には、長引く臀部痛もあり、この冬はほとんど行っていませんでした。

 ただ、ロキソニンを服用するようになってからは、痛みが大分軽減されていることもあって、昨日(3/18)は久しぶりに一つ森公園のほぼ全域を走ってみました。

 まず、いつも走っているジョギングコースです。

f:id:chuukounenrunner:20220318164844j:plain

 ここは、ボランティアの方々が冬の間もコースの除雪を行ってくれていますので、もちろんコース上に雪はありません。遠くに雪が見えますが、あれは冬の間にコース上の雪を寄せたものがまだ消えずに残っているだけで、コースは問題なく快適に走れます

 

 あと私が一つ森公園でよく利用させてもらっているのが、1周2kmの坂道コースですが、ここも全く雪はありません

f:id:chuukounenrunner:20220318165615j:plain

 

 それから時々負荷を掛けた練習を行うための特訓コースへ行ってみました。

f:id:chuukounenrunner:20220318165828j:plain

 舗装された遊歩道の坂道ですが、ここも雪が消えています。

 ただ、坂の上の方にはまだ雪が多く残っていました。

f:id:chuukounenrunner:20220318170037j:plain

 早く故障を完治させ、この場所でまた特訓をしたいものです。

 

 一つ森公園には2つのバーベキューができる広場があるので、そこにも行ってみました。

 まず、「自由広場」です。ここは、一つ森公園で最初にできた場所で、中国蘭州市との友好提携5周年を記念して昭和62年に建築された「友誼亭(ゆうぎてい)」があります。

 昨年来た時には、老朽化に伴う補修工事中でしたが、ようやく工事が終了したようです。何か立派な「東屋」というような感じですが、走友の1級建築士の話では、中国建築の特徴を持つ建物なので、補修できる業者は限られているとのことです。

f:id:chuukounenrunner:20220318172719j:plain

 

 その後、「サクラ広場」にも行ってみました。

f:id:chuukounenrunner:20220319083908j:plain

 ここもほとんど雪が消えています

 このように広場ではほとんど雪が消えていますが、テニスコートは雪で覆われたままです。

f:id:chuukounenrunner:20220319084056j:plain

 

 また、公園内の遊歩道もところどころ雪が残っていますので、まだトレイルランには早いかもしれません。

f:id:chuukounenrunner:20220319084231j:plain

 

 ところで、この一つ森公園の隣には金照寺山という丘陵地がありますが、この2つは昔は一体の山だったそうです。

 上の航空写真を見ていただければお分かりのように一つ森公園と金照寺山のある楢山金照町の緑が近接しており、その間を鉄道の線路(奥羽本線)が通っています。

 つまり、線路を通すため、山を切土により切り取り、その結果、金照寺山と現在は一つ森公園となっている丘陵地が分断されたということのようです。

 奥羽本線の全線開業は1905年ですが、この地点を含む秋田駅和田駅の開業は1903年のようですので、もう120年ほど前の出来事になります。

 現場を確認する前に、まず牛島車輌基地跨線橋からの遠景を見てみることにします。

f:id:chuukounenrunner:20220319091518j:plain

 お分かりでしょうか?丘陵地の真ん中の部分がV字型になっています。これが削られた部分なのでしょう。

 そして、今度はその場所へ行ってみました。

f:id:chuukounenrunner:20220319092019j:plain

 これは、線路から金照寺山側を見た写真です。コンクリートで覆われた法面などがあり、いかにも切土したという感じです。

 また、今度は線路の反対側から一つ森公園方面を見た写真です。

f:id:chuukounenrunner:20220319092543j:plain

 線路のそばには、家が建ち並んでいますが、その向こうには切土により生じたと思われる崖が見えます。

 線路を通すためには切土によらずにトンネルでも良かったと思われますが、切土により線路のみならず道路も造成が可能となり、また、トンネルではなかなかできない立体交差も可能となったことから交通網もある程度整備されて現在に至っていることを考えるとトンネルでなくて良かったと思います。

 

 秋田市はここ数日、すっきりしない天気が続いていますが、来週からは良い天気になりそうですので、いよいよ待望の旅ランを再開しようと思っています!