ある中高年ランナーの悪あが記

加齢に伴う衰えを感じつつ、それを受け入れたくない中高年ランナーの奮闘記

「秋田→青森走破」最終章(2日目 五所川原市~新青森駅)

 今日(10/20)は、越水駅~青森駅までの旅ランの2日目です。 まずは、行程表です。 

f:id:chuukounenrunner:20201022181648p:plain

 次にルート図です。 

 

 朝、10時前にホテルを出発します。今日も快晴です。 

f:id:chuukounenrunner:20201023082708j:plain

 

 ホテルの近くにあるドーム状の建物に行ってみました。

f:id:chuukounenrunner:20201023083147j:plain

 つがる克雪ドームという名前のようです。体育館かな?

 後で調べたところ、「全天候型多目的ドーム」というもので、ここでは屋根を開けて外にある拡張グラウンドも使用することにより野球も出来る、とのことでした。

 建設費を抑えつつ、野球でさえも使用を可能とする斬新なアイディアですね。他の地方にも同じような施設があるのでしょうか? f:id:chuukounenrunner:20201023085544j:plain

 近づいてみると、結構大きいですね。敷地内には、インラインスケート場などもあり広々としていました。

 さて、これから今日のゴール地点の新青森駅を目指します。

 整備された町並みはすぐに終わり、田んぼや畑のある郊外になりました。

f:id:chuukounenrunner:20201023093908j:plain

 歩道の上に巨大なカエルの死骸を見つけました。20cm近くあったので、ウシガエルでしょうか?

 

f:id:chuukounenrunner:20201023094317j:plain

 すぐそばの側溝の中にはザリガニもいました。

 

f:id:chuukounenrunner:20201023095117j:plain

 畑の中には「アマビエ」のカカシもありました。どうか新型コロナ感染症が一日も早く沈静化しますように!

 

 国道101号線に入ってからは、まっすぐに東に進みます。昨日(10/19)は、ほとんどアップダウンのないコースでしたが、今日は途中から上りが続きます。どうやら津軽平野はこの辺で終わりのようです。

 

 10km近く走って、今日の最初の目的地の楠美家住宅に着きました。

f:id:chuukounenrunner:20201023101108j:plain

f:id:chuukounenrunner:20201023101312j:plain

 楠美家住宅は、明治19年に棟上げした津軽地方を代表する大型民家であり、延べ床面積は507.53㎡もあるそうです。

f:id:chuukounenrunner:20201023102441j:plain

f:id:chuukounenrunner:20201023102633j:plain

f:id:chuukounenrunner:20201023102908j:plain

 家の中からは岩木山が良く見えます。ただ、この建物は2006年に移築されたそうですので、家の主が毎日この景色を見ていたわけではないようです。

 

 この楠美家住宅の隣には狼野長根公園という公園があります。

f:id:chuukounenrunner:20201023104007j:plain

 自然の中の広い土地にフィールドアスレチックや遊具がありました。休日などは家族連れでにぎわうのでしょうね。

 

 さて、この後は今日の昼食を予定している「峠の茶屋」に向かいます。また、アップダウンが続きますが、右の大転子付近が痛み出しました。

 もともと抱えている「爆弾」ですが、リュックを背負ってのアップダウンの負荷に耐えきれなくなってきたのかもしれません。まあ、走れないほどの痛みではないので、ゆっくりと走ることにします。

 

 目的地の「峠の茶屋」に到着しました。

f:id:chuukounenrunner:20201023105036j:plain

 ところが、車でいっぱいです。次々と車が入ってきて、駐車場所を探し回っています。この分では、店の中はきっと大混雑ですね。

 新型コロナに十分な注意を払わないといけないこの時期にこの店内で食事をするのはためらわれたので、スルーすることにしました。

 ところがこの先にはなかなか食事の出来る店はありませんでした(´;ω;`)。

 

 道の途中で変わった鳥居を見つけました。

f:id:chuukounenrunner:20201023105906j:plain

 なんと。鳥居にのれんのような縄が下がっているのです。初めて見ました。

 興味を覚え、早速、神社に行ってみることにしました。久須志神社というようです。

f:id:chuukounenrunner:20201023110639j:plain

 石段を上ると神社がありました。旅ランの無事と新型コロナ感染症の終息をお祈りしました。

 

f:id:chuukounenrunner:20201023111009j:plain

 神社には、よくある狛犬のほかに奉納された馬の石像がありました。どうやら当時の村が青森市に合併することを記念して奉納されたもののようです。

 さて、鳥居に下がる縄のれんのようなものの由来はわからないまま、新青森駅に向かいます。

 

f:id:chuukounenrunner:20201023113615j:plain

 新青森駅に着きました。結局、ここまで食事をとれるような適当な場所がなく、空腹です。

 

f:id:chuukounenrunner:20201023114040j:plain

 今日の宿泊地である東横インは、駅のすぐそばですが、チェックインの15時まで少し時間があるので、駅前で時間をつぶしました。

f:id:chuukounenrunner:20201023114513j:plain

f:id:chuukounenrunner:20201023114942j:plain

 駅の中のデニーズで遅い昼食用にサンドイッチとつまみを買って東横インにチェックインしました。
 ここでも、前日同様、北東北3県在住者が対象の「あおもり宿泊キャンペーン」を利用したので自己負担は2,500円ということになっていました。たぶん事前に申し出ればGoToトラベルも適用されたと思うのですが、この程度の支払いであれば、GoToを使うまでもないと思い特に申し込みませんでした。

 それで十分だと思っていたところ、ホテルのフロントで「あおもり宿泊キャンペーン」のお土産として紙袋を渡されました。

f:id:chuukounenrunner:20201023121743j:plain

 部屋に入って中を見たところ、大吟醸の地酒180mlが2本といわしのアヒージョが入っていました。たぶん買えば2,000円近いものと思われ、ありがたかったのですが、これをリュックに入れて持ち帰るとなると重いし、ここで飲めばいいのでしょうが、走って汗をかいているのでやっぱりビールを飲みたいので、大いに悩みました。

 結局、遅い昼食でビール500mlを1本飲み、夕食は駅に戻って構内に入っている店で食べようかと物色したのですが適当なところが無く、もらった日本酒も飲まないといけないので、弁当屋から弁当を買ってホテルの部屋で飲みました。でも、やはり喉が渇いているのでビールを飲みたく、結局日本酒は1本だけ飲み、ビールを500mlと350mlを1本ずつ飲んで9時前に寝ました。

 さあ、明日(10/21)は最終日です。右大転子の痛みが悪化しなければよいのですが・・・。