ある中高年ランナーの悪あが記

加齢に伴う衰えを感じつつ、それを受け入れたくない中高年ランナーの奮闘記

雪国のランナーの冬の練習その1(一つ森公園ジョギングコース)

 私の住む秋田市では、冬期間は雪が積もり、なかなか思うようにランニングの練習が出来ません。しかし、冬期間ずっと練習を中断すると、走力が著しく落ちてしまいますので、そのような環境にあっても、工夫しながら練習を続けています。

 そして、このブログでは何回かに亘ってそのうちのいくつかの練習方法をご紹介したいと思います。

 昨日(12/14)は、秋田市でも今年初(?)の積雪があり、路面は凍結していました。

 こんな時、手軽に走れる場所は、近くの一つ森公園のジョギングコースです。ジョギングコースに行くまでは坂があり、滑りやすいので、公園までは車で移動です。

 もちろん雪が降れば、ジョギングコースにも雪が積もりますが、この1周422mほどのコースを雪掻きスコップなどで除雪してくれる方がいます。

 サイトウさん、と言う方でボランティアで朝早くから仲間の方たちと雪が降った時には毎日欠かさずにコースを除雪し、快適にランニングやウォーキングが出来るようにしてくれています。

 昨日のジョギングコースの様子です。

f:id:chuukounenrunner:20201215091227j:plain

f:id:chuukounenrunner:20201215091300j:plain

 やはり、除雪されていますね。

 サイトウさん達に感謝しながら、ジョギングコースを走らせていただきました。

 ただ、この日は気温が0度前後、風は風速7m前後とかなり寒かったため、途中で何度もやめたくなりました。

 でも、せっかく来たのですから10kmくらいは走りたいと思い、「寒ければ、それだけミトコンドリアが増える!」と自分に言い聞かせ(※寒ければミトコンドリアはエネルギーが必要だと感じ、ミトコンドリアが増えるのだそうです。本当かな?)、目標どおり24周10.1kmをキロ6分30秒から5分15秒ほどで走りました。

 この冬も一つ森公園ジョギングコースにはお世話になります!