ある中高年ランナーの悪あが記

加齢に伴う衰えを感じつつ、それを受け入れたくない中高年ランナーの奮闘記

第4回東北希望の襷マラソン(秋田大会)参戦記

 今日(11/6)は秋田市で開催された第4回東北希望の襷マラソンに出場して来ました。

 この東北希望の襷マラソンのコンセプトは、大会ホームページによると、

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の鎮魂と皆様に元気と希望を与えることへ繋がる、復興マラソン『東北希望の襷マラソン大会』を東日本大震災から10年の節目の2021年からスタート。東北6県をまわります。

とのことで、私は2021年6月に行われた第1回大会にも参加しています

chuukounenrunner.hatenablog.com

 この時はまだハムストリングス付着部炎の発病前で最初は予定通りキロ5分を切って走れたのですが、次第に蒸し暑さに体力を奪われ、終盤には脚がつって大失速した苦い思い出があります。

 今回は、暑さの心配はいらないのですが、何しろまともな練習が出来ていないので、全部で9周(※1周2.345km)するうち最初の3周はキロ5分24秒で、そして4周目から9周目まではキロ5分15秒で走って1時間52分でゴールするようにペース設定をしました。ただ、それですら予定通りにゴールする自信はありません。

 

 さて当日です。前日までの天気予報では雨でしたが、うれしいことに晴れました

 県立中央公園陸上競技場の正面入口のそばで受付を済ませ、ウォームアップを兼ねて陸上競技場の周りを走ってみました。

 

 普段はあまり参加しないのですが、オープニングセレモニーにも出てみました。

 来賓の挨拶など無いのが良いですね。挨拶はゲストランナーの安田美沙子さんだけでした。

 この写真は光の関係で顔が陰になって良く見えませんが、実物はとてもきれいでした。さすがに女優さんです。

 

 なまはげ太鼓も登場です。

 

 さて、スタートの時刻となりました。天気は晴れ。気温は一桁でしょうが、陽射しがあるので寒くはありません。風も弱く、絶好のコンディションです。

 そして、レースの結果です。

 予定では、最初は無理をしないでゆっくり入り、調子が出てきたらスピードを上げていく作戦でしたが、スタートから周りのランナーにつられて速く入ってしまい、1周目で1分以上も早いタイムになりました。

 これでは速すぎるので2周目からは少しスピードを落としたのですが、それでも予定のラップよりは速いので予定のスプリットとの差は拡がるばかりです。

 まあ、行けるところまで行ってみよう、と思いながら走っていたのですが、だんだん左脚のふくらはぎがつりそうになり、6周目を終える直前にはいったん立ち止まってストレッチをせざるを得ない状況になりました

 その後は、もうだましだまし走るしかありません。地面を強く蹴ると痛みが走り今にもふくらはぎがつりそうになるのですが、下り坂ではあまり地面を蹴らないせいか痛みはないのでそこでは普通に走ります。

 そのようにして、タイムの落ち込みを最小限に抑え、最後の周の残り1kmくらいの地点からは、もう脚がつってもゴール出来るだろうとスピードアップしてゴールしました。まあ、結果的に予定より2分ほど早く走れましたので、満足すべきでしょう

 ただ、午後になってネットで発表された成績を見たところ、私は70歳以上の部で4位で、3位入賞となった人とのタイム差は37秒でした。

 少し残念な気もしますが、脚がつるのも実力不足の現れなので、これからはもう少し速いペースで長い距離を走る練習も取り入れたいと思っています

 レース中は知り合いのランナーから応援をもらったりして楽しい一日でした

 

※大会会場ゴール地点の様子

 

※完走証が新型コロナ対策のため交付されないので、その代わりの(?)パネル