ある中高年ランナーの悪あが記

加齢に伴う衰えを感じつつ、それを受け入れたくない中高年ランナーの奮闘記

秋田県25市町村一筆書きラン完結!(追分駅~秋田市役所)

 昨日(7/20)は、2018年9月から行っている秋田県25市町村一筆書きランのフィナーレでした。

 最終回は、追分駅から秋田市役所へのランです。

 その行程表です。


 秋田市役所への到着でこの秋田県25市町村一筆書きランは終了ですが、その後、ただ自宅に戻るだけではつまらないので、秋田市が作成した秋田市ウォーキングマップの中央ブロック編で紹介されているコースを辿って千秋公園に寄り道することにします。

 また、追分駅から秋田市役所までは以下のとおり、最短ルートを通ります。

 

 秋田駅から電車に乗り、追分駅に着きました。

 連絡通路を通って駅の裏口に向かいます。

 ここからこの日のランのスタートです。天候は曇りですが、時折、陽も差してきます。

 最初は、キロ6分台の半ばでゆっくりと走り始めましたが、それでもいつもの右臀部等が痛みます。私の病名は、ハムストリングス付着部炎と診断され、確かにその付着部付近が痛むのですが、以前からそこよりも10cmほど上の部分にも痛みがあり、この日はそこの部分が主に痛みます。

 それでも、走れないほどの痛みではないし、いつものことなので、気にしないで走るように努めました。

 ところが、そうこうしているうちに雨が降って来ました。天気予報では雨は降らないはずでしたので、帽子も被っていません。雨は段々激しくなり、ようやく見つけた場所で雨宿りしました。クリニックのポーチの部分です。

 待つこと20分以上でようやく雨も小降りになり、ランの再開です。いつまた土砂降りになるかもしれませんので、キロ5分台半ばまでスピードを上げましたが、そのことに気を取られてか、あまり右臀部等の痛みは感じません。

 

 ようやくこの秋田県25市町村一筆書きランのスタート・ゴール地点の秋田市役所に着きました。3年10カ月の間に32回の行程で行ったこの旅ランも終了です。

 

 さて、この後は、当初の予定どおり秋田市ウォーキングマップに沿って千秋公園に向かいます。雨もすっかり上がったようです。


 まずは、市役所裏の散歩道に行きます。

 

 次に県庁横の散歩道です。

 

 この後もマップに沿って寺町を通り、「旧大島商会」という秋田県では最初の百貨店で市内に現存するもっとも古いレンガ建造物(※2000年に国登録有形文化財)の場所へ行ったのですが、そこは道路の拡幅工事中で建物は無くなっていました

 そこで、家に帰ってから調べたところ、次のとおり2021年に大町1丁目に移築されていました。

www.akita-yulala.jp

 その後、ウォーキングマップには載ってはいるもののルート上には無い「那波家の水汲み場」に立ち寄るため、コースを外れました。

 「那波家の水汲み場」です。

 階段を下りて行きます。

 ここが水汲み場です。

 水は濁っていて、鯉が泳いでいました。昔はきれいな水だったんでしょうね。

 標柱の説明によると、江戸時代から明治にかけて、外町の飲み水は、ほとんど旭川(※この川)の川水を使用したそうで、川反(※現在の秋田市大町。飲食店が立ち並ぶ繁華街で有名。)の各町には共用の水汲み場があったが、現在残っているのはこの水汲み場だけ、とのことです。

 

 次に訪ねたのは、「鷹の松」です。

 この「鷹の松」は、秋田市の指定保存樹第9号となっており、久保田藩主・佐竹氏が寛永8年(1631年)に城下の町割りに際し、川沿いに土手を築き松の並木植えを行った時のものとのことですので、樹齢は390年ほどになるようです。

 

 次に、久保田城跡でもある千秋公園に行きました。二の丸跡です。

 人はほとんどいません。ただ、小学校の高学年くらいの女の子4人がランニングをしていました。そういえばもう夏休みに入ったんですね。

 紫陽花がきれいに咲いていました。

 

 公園内の池にはハスの花が今にも咲きそうになっていました。

 このハスは、大賀(おおが)ハスというもので約2,000年前の地層から発掘された種を発芽させたものの株を譲り受けて、ここで栽培しているとのことです。

 

 また、この公園のお堀でもハスの花がたくさん咲いています。今年も咲き始めました。

 このハスも以前は大賀ハスとして紹介されていましたが、現在は、それは否定されています。

 確かにここに大賀ハスを移植はしたのですが、今このお堀に咲いているハスは、大賀ハスとは異なる性質を持ったものに変化しているようです。

 そのため、また大賀ハスを数株譲り受けて、今度は交雑や自然淘汰されることを防ぐため、先ほどの池(※胡月池)で栽培しているとのことです。

 

 ここから自宅に戻り、私の秋田県25市町村一筆書きランはすべて終了しました。

 これで、私のランニングライフ10大目標は、6つ達成です!

 残る4つの目標のうち、③の「秋田→東京走破」については、新型コロナの影響でなかなか思うように進みませんが、ここ2~3年のうちには達成したいと思っています。

 ⑨の「フルマラソン80歳で完走」と⑩の「85歳でマラソン参加」については、まだまだだいぶ先のことですので、どうなるかまったく分かりません。

 問題は、⑧の「フルマラソン70歳でサブ4」です。私は、来月上旬に70歳になりますので、すぐにでもチャンスは来るのですが、長引くハムストリングス付着部炎のため現状では達成出来そうにありません。まずは、少しでも痛みを軽くし、その後には練習の質と量を上げて、この冬までにはサブ4を目指せるような状態に出来ればと思っています。

 

 なお、この秋田県25市町村一筆書きランについては、後日、このブログで振り返りを行いますので、その時は、よろしければどうぞご覧ください。