ある中高年ランナーの悪あが記

加齢に伴う衰えを感じつつ、それを受け入れたくない中高年ランナーの奮闘記

秋田県25市町村一筆書きラン(井川さくら駅~井川町役場~八郎潟町役場~五城目町役場~井川さくら駅)

 私が2018年9月から行っている秋田県25市町村一筆書きランは、残すところ井川町、八郎潟町五城目町の3町となり、最後にスタート地点の秋田市に戻るまでの約45kmを残すのみとなりました。

 そして、残りの距離だけを考えると、あと2回で終了させることは十分に可能ですが、私はハムストリングス付着部炎のため、現在、なるべく走らないようにしていますので、無理をせずに残りを3分割することにします。

chuukounenrunner.hatenablog.com

 ということで、昨日(7/13)は井川さくら駅から井川町役場、八郎潟町役場、五城目町役場を訪れて井川さくら駅に戻る、15km強のランを行いました。

 その行程表です。

 そして、ルート図です。

 

 まず、井川さくら駅まで車で行って駅から少し離れた駐車場に車を置かせてもらい、井川さくら駅からランの開始です。

 

 最初の目的地である井川町役場まではすぐでした。

 

 次に八郎潟町役場に向かいます。

 実は、この日まで7日間の完全休養でハムストリングス付着部炎からの回復を図ったのですが、やはり走ると右臀部が少し痛みます。

 無理をしないでキロ6分台の後半で走ることにしました。

 天気は曇りですが、気温は30℃近くあったでしょう、蒸し暑く感じました。それでも、橋の上は涼しく、五城目町のシンボルである「森山」も良く見えます。

 

 八郎潟町の中心部に入りました。

 この「畠栄菓子舗」のあんごま餅は、評判が良くて、早めに行かないと売り切れていることが多いのですが、昨日は売り切れの張り紙が出ていなかったようなので、まだ売り切れていなかったのでしょうか?でも、ランの途中なので、買うことは出来ません。 日を改めて、何かの機会があれば、その時にしましょう。

 

 八郎潟町役場に着きました。

 実は、この八郎潟町役場には、今年の4/25にも来ています。次のブログの後半部分にもあるように、その時の旅ランのスタート地点であるサンルーラル大潟に置いた車に戻るため、大潟村への唯一の公共交通機関が利用できる八郎潟駅前へ行った時のことです。

chuukounenrunner.hatenablog.com

 この庁舎はまだ出来たばかりであり、新庁舎での業務開始は5/6からだったようです。隣にある旧庁舎は既に解体工事(?)が始まっていました。

 

 さて、今度は五城目町役場に向かいます。

 「森山」も大分近くなって来ました。

 

 五城目町役場到着です。

 

 役場の玄関前に何やら巨大な根っこのような物がありました。どうやら手前の物はブナの根っこで奥の方は秋田杉の根っこのようです。

 

 また、入口には菊花石(きっかせき)という石が展示されていました。

 この石は五城目町で採掘されたもののようです。菊花石は、その名のとおり中に菊の模様があるのですが、残念ながら私にはその菊の模様は見つけることが出来ませんでした。

 この五城目町役場で秋田県の25市町村の役所・役場をすべて訪れたことになります。後は、スタート地点の秋田市役所に戻るだけですが、この日の行程は井川さくら駅までです。

 ここから井川さくら駅までは、国道285号線を通りますが、その区間はきちんとした歩道がありますので、少しスピードアップして右臀部の様子を見てみることにしました。

 最初の1kmは、キロ6分ほどにしましたが、それほど痛みが強くなることはありません。そして、その後はキロ5分半ほどまでスピードを上げましたが、なんとかずっと我慢できそうな痛みです。結局そのスピードで2kmほど走ったのですが、これ以上無理をしてハムストリングス付着部炎を悪化させては元も子もありませんので、最後はクールダウンでゆっくり走ってこの日のランを終えました。

 井川さくら駅到着です。

 結局、この日は終始曇り空で、強い陽射しを浴びることなくランを終えられてラッキーでした。

 秋田県はまだ梅雨明けしておらず、来週の初めまではずっと雨マークになっていますので、曇りや小雨の日を見計らって残り2回となった秋田県25市町村一筆書きランを行いたいと思っています。