ある中高年ランナーの悪あが記

加齢に伴う衰えを感じつつ、それを受け入れたくない中高年ランナーの奮闘記

「あの唄はもう唄わないのですか/風」を歌いました

 今日はランニングのネタが無いので、また弾き語りをお聞きください。

 曲名は、フォークデュオ「風」の「あの唄はもう唄わないのですか」です。

 1975年12月にリリースの曲ですので、ご存知の方は多くはないかもしれません。

 あえてジャンル分けすれば、「抒情派フォーク」になるのでしょうか?

 また、「風」のメンバーですが、今でも活躍中の「南こうせつ」さんとともに「かぐや姫」のメンバーだった伊勢正三さんと、「猫」というフォークグループの一員だった大久保一久さんの二人です。伊勢正三さんは現在も音楽活動を続けているようですが、大久保一久さんは、残念なことに昨年9月に71歳の若さで逝去されました。

 この曲は、伊勢正三さんの作詞作曲で、彼が作った「22歳の別れ」にも匹敵するような切ない名曲だと思います。

www.youtube.com

www.youtube.com

2022.2.23追記:最初にアップした動画は無料の動画制作ソフトを使って編集したため透かしのロゴが入り見にくいものでしたが、その後、有料版に切り替えましたので、そちらで編集した動画を上にアップしました。

 お聴きいただき、ありがとうございました。

 実は、この動画を作るに当たって、思わぬ一苦労がありました。

 というのは、先月、別の弾き語り動画をアップした時には、DAW(※パソコンを使った音楽制作ツール)にはPro toolsというソフトを用いて音源を制作したのですが、今回またPro toolsを使おうとしたところ、使えないのです。

 英語で表記されている文章を辞書を使いながら読んでみると、どうやら1か月のお試し期間が終わったということのようです。(継続して使うには、例えば永久ライセンスなら77,000円ほども掛かるので、もちろん購入はしません。)

 このPro toolsは、当初、無料のPro tools|Firstというソフトをダウンロードしようとしたところ、「現在、技術的な問題により使用できません。問題が解決するまでPro toolsをお使いください。」というようなメッセージが表示されましたので、Pro toolsをダウンロードしたのです。そしてそれで弾き語りの音源を制作しました。

 ただ、私はDAWを使うのは初めてですし、ダウンロードやその後の使用にあたっても英語表記が多いので音源が完成するまでには数日間格闘せざるを得ませんでした。

 また、その時点では、それが1か月しか使用できないものとは思ってもいなかったのです。(なお、Pro tools|Firstは、結局、廃止されたようです。)

 それが、今使えなくなってしまったので、やむなく他のDAWで無料のCakewalk by BandLab というソフトをダウンロードして、今回はそれで制作しました。

f:id:chuukounenrunner:20220127091428j:plain

 Pro toolsが無料では1か月しか使えないのならば、それを入れることなく、最初からCakewalk by BandLab を入れれば良かった!

 まあ、いろいろ新しいことに挑戦するのはボケ防止には非常に効果的でしょうからこれからもたまには弾き語り動画をアップしたいと思っています。

 質の高いものにするには数年かかるかもしれませんが、よろしくお付き合いをお願い致します。