ある中高年ランナーの悪あが記

加齢に伴う衰えを感じつつ、それを受け入れたくない中高年ランナーの奮闘記

2021年のランニングを振り返って

 2021年も残すところあと10日程となりました。今日は、2021年の私のランニングライフについて振り返ってみたいと思います。

 2021年は、前年に引き続き、新型コロナ感染症の影響が日常生活においても色濃く影を落とし、マラソン大会などもそのほとんどが中止となりました。

 そのような中で、私が所属する秋田一ツ森RCでは、クラブの主催又は会員が立ち上げたイベントとして下記の取り組みを行いました

 まず私は、4/25にクラブの会員である岩谷さんが主宰するソーラースポーツライン合同記録会に参加し、私は運営スタッフとしてお手伝いするとともにフルの部を走りました。タイムは3時間57分台とまあまあの記録でした。

chuukounenrunner.hatenablog.com

 次に、6/6にはクラブ主催の田沢湖一周記録会に参加しました。クラブの会員以外の方にも大勢参加していただき、21名の参加でした。

 私は20.5kmを1:41:00で走り、7位でした。

chuukounenrunner.hatenablog.com

 次は、10/31にクラブ主催で行った恒例のトリムマラソン(※自己申告のタイムと実際のタイムとの差を競うマラソン)です。今年も会員以外の方にも多く参加いただき、5kmの部、10kmの部と合わせて17名が和気あいあいと競技を楽しみました。 

chuukounenrunner.hatenablog.com

 また、クラブでは、季節ごとに温泉まで走り、小宴会を行って電車やバスで帰るという行事も行いました。

chuukounenrunner.hatenablog.com

chuukounenrunner.hatenablog.com

chuukounenrunner.hatenablog.com

chuukounenrunner.hatenablog.com

 なお、これらの取り組みの他に5/30には会員有志で男鹿三山でのトレイルランも行いました。

chuukounenrunner.hatenablog.com

 

 私個人としては、まず大会参加については、数少ない開催レースの中から次の3つのレースに参加させていただきました。

 まず、6/26には岩手県北上市で行われた東北希望の襷マラソンです。久々のハーフマラソンでしたが、暑さ等のためネットタイムで1:51:00と散々な成績でした。

chuukounenrunner.hatenablog.com

 次は、私にとって初めての長野県での大会となる10/17開催の大町アルプスマラソンです。この大会には私の宿願であるサブ4・100回が掛かっていました。そしてこの大会の特徴は標高差200m以上のダラダラした坂を含むアップダウンです。事前にその対策は行っていたのですが、当日はその上り坂の際に強い向かい風が吹き続け、それに加え終盤には腸脛靭帯付近を痛めて5kmほど歩きとなってネットタイムで4:22:29という惨憺たる結果となりました。

chuukounenrunner.hatenablog.com

 サブ4・100回に再挑戦したのは、11/28山梨県で行われた富士山マラソンです。この日は快晴で、雪化粧した富士山を眺めながら気持ち良く走り、標高差70数mの急坂はあったのですが、タイムはグロスでも3:58:15とようやくサブ4・100回を達成出来ました。

chuukounenrunner.hatenablog.com

 

 以上、今年参加出来たレースはたったの3つです。来年は、早く新型コロナが収束し、以前のように各地で多くの大会が開催されることを願っています。

 

 また、今朝の秋田魁新報を見たら、2019年の秋田県の男性の健康寿命の平均が72.61歳だった、との記事がありました。

 健康寿命は年々伸び続けてはいるようですが、それでも72.61歳というと私にはあと3年しかありません。

 まあ、あくまでも「平均」でしょうが、それでもあと3年で健康寿命が尽きてしまってもまったくおかしくはありません。

 そこで、そのことを念頭に置きながら、私の「ランニングライフ10大目標」の早期達成を図りたいと思います。

f:id:chuukounenrunner:20211221101805p:plain

 とりあえず、来年は8月で70歳になりますので、その後の早い時期にサブ4を達成出来れば、と思っています!