ある中高年ランナーの悪あが記

加齢に伴う衰えを感じつつ、それを受け入れたくない中高年ランナーの奮闘記

コーちゃんのランニング日誌(2021年2月分)

 私の2月のランニング日誌をご覧ください。

f:id:chuukounenrunner:20210228173125p:plain

 

 今年は2月になっても荒天の日が多く、中旬までは何度か暴風雪に見舞われるなど、ランナーにとっては厳しい状況が続きました。

 でも、その中で一応の月間走行距離の目安の250kmを上回る268kmを走ったので、まあ良かったと思います。

 

 まず、2/1(月)は、いつもの一つ森公園のジョギングコースを50周(21.1km)ゆっくり走りました。

 LSD(Long Slow Distance)を意識して出来るだけゆっくり一定ペースでと思ったのですが、途中で飽きてしまい、退屈しのぎに走友たちのランニングフォームを真似しながら走るなどお遊びもしてしまい、LSDの効果が少ない走りになってしまいました。

 それを反省し、2/10(水)は、同じコース、同じ距離をさらにゆっくりの一定ペースで走ることを心掛け、なんとかそのとおりに出来ましたが、あまり満足感はありませんでした。その時の記事です。

chuukounenrunner.hatenablog.com

 翌日の2/11(木)は、ジョグを行い、後半はペース走に移ってスピードを上げて行ったのですが、10kmほど走った時に突然腰に強い痛みが発生して走れなくなりました。

 これまでも何度も腰痛に悩まされたことはあったのですが、ぎっくり腰の時以外は、じわ~っとした重苦しい痛みで、この時のように走れなくなるような痛みではありませんでした。

 場所的には、腰の下部で、身体の中心線からは3~4センチ右寄りなので、たぶん腰椎に原因があるのではなく、筋・筋膜性腰痛の初期段階ではないかと思っています。

 その場合、原因はオーバーユースが考えられるのですが、前日のLSDが影響したかもしれません。

 ともかく、この日はすぐにランニングを中止しましたが、その後はすぐに痛みが無くなりました。

 そして、その翌日の2/12(金)も様子見のランニングをしたところ、特に異常は無かったため少しスピードを上げたらキロ5分を切るあたりで、また同じ場所に痛みが発生しました。

 これに懲りて、しばらくはキロ5分よりも速く走ることはやめることにしました。

 2/21(日)には、久しぶりに10kmのATペース走を行いました。私のATペースはキロ5分10秒くらいと思えるので、キロ5分よりも速く走る必要はありません。

 その時の記事は次のとおりです。

chuukounenrunner.hatenablog.com

chuukounenrunner.hatenablog.com

 

 2/25(木)は、ジョグを行ったのですが、試しに少しスピードを上げようとビルドアップに切り替えたところ、案の定、キロ5分を切るあたりでまた腰痛が発生しました。

 今月もゆっくりの走りが多いながらも、走行距離は少なくはなかったので、知らず知らずのうちに疲れが溜まっていたのかもしれません。

 2/26(金)と2/27(土)は大事を取って休養としました。

 そして、2/28(日)は、今年最初の秋田一ツ森RCの練習会で、一周2kmの坂道コースを5周しました。

akitahitotumori.hatenadiary.jp

 最初は、ゆっくり入り、少しずつ速度を上げて、最後の一周はキロ5分を切るペースでしたが、2日間の休養のおかげか、腰痛は発生しませんでした。

 

 3月は、天気予報によると晴れの日が多くなりそうです。

 冬の間は積雪のため出来なかった旅ランを再開するのが楽しみです!