ある中高年ランナーの悪あが記

加齢に伴う衰えを感じつつ、それを受け入れたくない中高年ランナーの奮闘記

旧69市町村ラン(鳥海町・東由利町・西目町)

 昨日は、旧鳥海町、旧東由利町それに旧西目町の役場所在地を訪ねてきました。

 まずは、事前計画表です。

f:id:chuukounenrunner:20200830165849p:plain

 次に、ルート図です。

 

 旧鳥海町ラン

 まずは、旧鳥海町ランのゴール地点である由利本荘市鳥海総合支所(旧鳥海町役場)に車を置かせていただき、バスで今日のスタート地点である矢島総合支所に向かいます。

 ところが、鳥海総合支所の入口付近にあるバス停で、念のためバス時刻を確認したところ、乗ろうとしたバスが時刻表に書かれていません。一瞬、あせりましたが、よく見るとそれはコミュニティーバスの時刻表で、私が乗ろうとするバスは羽後交通のバスです。危うく、違うバス停で待ち、乗ろうとしたバスに乗り遅れるところでした。

 これが乗るべきバスのバス停です。ちょっと鳥海総合支所から離れた場所にありました。

f:id:chuukounenrunner:20200821175914j:plain

 そしてバスが来ました。小さなバスですね。

f:id:chuukounenrunner:20200821180013j:plain

 バスを降りて、今日のスタート地点である矢島総合支所を出発します。

f:id:chuukounenrunner:20200821180851j:plain

 今日は非常に暑く、自宅から来る途中の国道の温度計では32度になっていました。矢島の町中を走っていると、中年女性に「暑いのに、すごいね~」と声を掛けられました。変人と思われたかな?でも、客観的に考えたら、確かにちょっと変かもしれませんね。

 途中、道路沿いの子吉川の川の中に巨岩を発見しました。きっと、豪雨の濁流で山から流されて来たのでしょうが、水の力とは、恐ろしいものですね!

f:id:chuukounenrunner:20200821181730j:plain

 山の中の道路を抜け、集落に入って来ました。なんか、昭和の時代に戻ったような懐かしい道路沿いの民家の風景です。でも、ここは国道108号線です。

f:id:chuukounenrunner:20200821182347j:plain

 ところで、皆さんは、「きゃんど」という言葉を聞いたことがありますか?

 100円ショップの「キャンドゥ」ではないですよ。

 私は、小さいころ県南の祖父母の家に遊びに行った時、祖父母がよく「きゃんど」と言っていたのを覚えています。近くに国道107号線が走っていましたので、その107号線のことを指しているようでしたが、少し大きくなって、「きゃんど」は「街道」のことではないかと思うようになりました。「かいどう」→「きゃいどう」→「きゃんど」という具合です。

 そして、このような昭和の原風景が今もまだ「きゃんど」に残されていることについては、とても感慨深いものがありました。

 でも、すぐそばでは、バイパス工事が行われ、完成間近のように見受けられました。

 まあ、交通の安全の確保や利便性の向上を考えると、それは必要なことでしょう。

 ようやく、鳥海総合支所に着きました。暑さが堪えました。

f:id:chuukounenrunner:20200821184753j:plain

 

東由利町ラン

 次に、旧東由利町役場の所在地を訪ねます。

 実は、私は、2019.4.22に秋田県内25市町村一筆書きランの一部として、由利本荘市役所から道の駅東由利(黄桜の里)まで走っています。コース図は次のとおりです。

   そして、今日の目的地である旧東由利町役場の所在地にある東由利総合庁舎は、道の駅東由利の隣にあります。

 なお、この「旧69市町村ラン」は、「県内25市町村一筆書きラン」の番外編の位置づけであることから、「県内25市町村一筆書きラン」で走ったコースと重なる場合は、その部分については、走ったものとみなして不足する部分だけを走ることとしています。

 よって、本日の旧東由利町ランは、道の駅東由利から隣の東由利総合支所までのわずか200mほどのものとなりました。

f:id:chuukounenrunner:20200821191907j:plain

道の駅東由利

f:id:chuukounenrunner:20200821191959j:plain

東由利総合支所

西目町役場ラン

 次に、旧西目町役場の所在地に向かいます。

 この旧西目町についても、私は、2018.11.8に秋田県内25市町村一筆書きランの一部として、由利本荘市役所から道の駅にしめまで走っています。コース図は次のとおりです。 

   そこで、今日は、道の駅にしめから旧西目町役場の所在地まで走ることとします。

まずは、道の駅にしめです。

f:id:chuukounenrunner:20200822111658j:plain

 ここから、国道7号線を南下して、途中で左折して間もなく旧西目町役場の所在地に着きました。走行距離は2kmほどでした。

f:id:chuukounenrunner:20200822112055j:plain

 旧西目町役場のあった場所は、現在、空き地となっています。この場所の一角に、ここが西目町役場の跡地であることを示す石碑が建っていました。写真の奥に見える道路のこの付近は、2009年まで、本荘由利コロニー駅伝のスタート・ゴール地点になっており、とても懐かしく思えました。 f:id:chuukounenrunner:20200822112424j:plain

 また、この石碑の裏に刻まれた文字によると、閉庁したのは、2001.8.31のようです。

f:id:chuukounenrunner:20200822133135j:plain

  ん?西目町が合併して由利本荘市になったのはもっと後だったような・・・?

 釈然としない気持ちを抱えたまま、少し離れたところにある西目総合支所に行ってみました。

f:id:chuukounenrunner:20200822133939j:plain

 この秋田県旧69市町村ランでは、平成の大合併で合併して消滅した市町村の合併時の役場所在地をランで訪れることを目的にしていますので、もし合併時に既に西目町役場がここに移転しているとすれば、私が訪れるべき場所は、先ほどの場所ではなく、ここになります。この建物の中に入って聞けば分かることなのでしょうが、汗で汚れた格好で中に入るのは気が引けるので、自宅に戻ってから調べることにして、車を置いてある道の駅にしめに戻りました。距離は、少し遠回りしたので、2.4kmでした。

 本当は、道の駅にしめで温泉に入ってから帰宅する予定でしたが、このことが気になって温泉に入らず、まっすぐに帰りました。

 さて、その結果はというと、西目町が合併して由利本荘市になったのは、2005年3月でした。やはり2001年8月に閉庁というのは変ですね。

 そして、2003年7月発行の道路地図を見たところ、西目町役場の所在地は現在の西目総合支所の場所になっていました。

 ということは、先ほどの場所にあった西目町役場は、2001年8月に閉庁して現在の西目総合支所の場所へ移転し、2005年3月の合併後は西目総合支所となって現在に至る、ということのようです。

 念のために西目総合支所にも行っておいて良かった!